*

美白化粧品の選び方違ってない?正しい美白化粧品でシミ対策!

公開日: : 最終更新日:2014/06/10 しみ, 美白

「美白になりたい!」という一心で、雑誌やTVで紹介している美白化粧品を使ってみた、という方は多いでしょう。
ただ、「美白の効果がなかった」「シミが消えない」などの経験はございませんか?

それは自分の肌やシミに対して、選ぶ美白化粧品が違ったからです。

雑誌に載っているランキングや人気商品などに惑わされず、正しい美白化粧品を選び、キレイな肌を手に入れましょう!
20140604-001

シミの種類を知る

「シミ」と一言で言っても、厳密な定義などはなく、医学的な言葉でもありません。
一般的には、“肌の上に皮膚の色とは違う別のものが発生した際に美容上問題になったもの”をシミと呼んでいるようです。

これを医学的に見ると、約6種類に分けられます。
まずは自分の顔にあるシミがどの種類のものかをチェックし、それから、それぞれのシミの美白対策を見ていきましょう。


老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

roujinsei出典:www.aoyamaceles.com

老人性色素班とは?

「シミ」と言われるものでもっとも多いのがこの、老人性色素班です。
「日光性黒子(こくし)」とも言われ、紫外線の影響でできます。
頬骨の高い部分に丸い色素班ができ、1センチ以上の大きなシミとなります。
始めは薄い茶色ですが、日にちが経過するにつれて大きくなったり、色が濃く、はっきりとしてきます。

治療法:老人性色素班の初期のものなら美白化粧品も有効

シミ自体がはっきりとしてきたものはレーザー治療が早いですが、初期のものであれば美白化粧品でも消すことが可能です。


炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

enshou出典:www.hifu-ss.com

炎症性色素沈着とは?

ニキビの跡や、傷跡が茶色くなってシミとなり残ってしまったものです。顔だけではなく、ムダ毛の処理をしている際に毛穴の周りが黒くな現象、これも炎症性色素沈着です。

治療法:炎症性色素沈着は美白化粧品が有効的

時間が経てば消えることもあります。ただ、自然に消えるのを待つだけでは2~3年かかることもあるので、美白化粧品やピーリングを併せて使うことがシミを消す有効的な手段です。

/br>

肝班(かんぱん)

kanpan出典:kcblog.ti-da.net

肝班とは?

頬骨部分にモヤモヤとシミが左右対称に広がることが多く、シミの色としては薄い茶色や灰色など人によって違います。肝臓の「肝」という文字が使われていますが、特に肝臓とは関係なく、シミの形が肝臓に似ていることからこの文字がつけられたそうです。
原因としては女性ホルモンが崩れたときにできる傾向が多く、妊娠中、更年期、またピルを服用した人によく見られます。

治療法:肝班は美白化粧品が有効的

トラネキサム酸とういう、皮膚科などで処方してくれる炎症を抑える薬を服用することで、数ヶ月で薄くなることもあります。美白化粧品、ピーリンクも有効的です。


脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

shirousei出典:locoplace.jp/t000196066

脂漏性角化症とは?

一番初めにお伝えした“老人性色素班”が次第にイボのように盛り上がってきたもの。
表面がボツボツしています。

治療法:脂漏性角化症は美白化粧品は効果なし

レーザー治療でないと消すことができません。


雀卵班(じゃくらんはん)※そばかす

jyakuranhan出典:blog.funa-biyou.com

雀卵班とは?

一般的にはソバカスと呼ばれている小さいシミのこと。(厳密には、遺伝のもののみをソバカスと呼びます)
他のシミは20代後半から年齢を重ねるごとにできるシミが多いですが、雀卵班は10代の頃から出来始め、鼻のあたりを中心に広範囲に渡ってできます。
白人に多いですが、日本人でも色白の人に比較的多く見られるシミです。

治療法:雀卵班は美白化粧品は効果なし

レーザー治療をするときれいになることもあります。
ただ、美白化粧品の効果はあまりよくないです。


花弁状色素班(かべんじょうしきそはん)

kaben出典:nabadc.org/

花弁状色素班とは?

海やレジャーなどで急に日焼けしてしまった際に、肩から背中にかけてできる小さなシミ。よく見ると花びらのような形をしていることからこの名がつきました。

治療法:花弁状色素班は美白化粧品は効果なし

確実なのはレーザー治療。その他の美白化粧品やピーリングで消すことは難しいと言えます。

美白化粧品では効果がないシミがあることを知っておく

このように、シミの中でも美白化粧品が有効的なシミと、美白化粧品では消えないシミがあります。
美白化粧品が有効的なのは、老人性色素班、炎症性色素沈着、肝班の3つです。
ただ、シミが濃く悪化してからでは美白化粧品もなかなか効果が表れずらいもの。そのため、「この美白化粧品、効果が感じられない!」とあきらめてしまう人が多いようです。

美白化粧品は30代に突入したら使い始めましょう!

個人差はあれど、シミは40代くらいになると誰にでもできてくるもの。
シミができてから美白化粧品を使うのではなく、もっと早くから使い始め、予防的に使うのがいいでしょう。
シミ予防として使うもののため、目の下だけ、など部分的ではなく、顔全体に毎日使うことがしっかりとした予防になります。

美白成分はどのようにして肌に美白をもたらしてくれるの?

紫外線を浴びてしまったりした際にメラニン色素が作られるときに肌の中で起こる反応を抑える働きをするのが“美白成分”。
現在世の中に販売されているほとんどの美白化粧品が、「チロシナーゼ酵素を阻害する働き」をします。
これから作られるメラニン色素を減らすように働いてくれることでシミを予防することができます。

美白の成分表記に要注意!

では、たくさんある美白化粧品の中で、どれを選ぶべきでしょうか?
大切なのは、“美白成分配合”のものを選ぶということです。ただ、中には美白成分を満足に含んでなくても商品名があたかも美白化粧品のようなイメージで売っている商品もあります。

美白成分にもいろいろありますが、厚生労働省が医薬部外品として美白の効果を認めたものが9種類あります。

<厚生労働省が効果を認めたもの>

①アルブチン
②エラグ酸
③ルシノール
④ビタミンC誘導体
⑤プラセンタエキス
⑥カモミラ ET
⑦トラネキサム酸
⑧t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)
⑨リノール酸
⑩4MSK
⑪D-メラノ(TM)
⑫TXC
⑬エナジーシグナルAMP
⑭ニコチン酸アミド

<そのほかの美白成分>

①グラブリジン
②ハイドロキノン

厚生労働省認可している成分が含まれるものや、その他の“美白成分”と呼ばれるものが含まれる美白化粧品を選びましょう!


button_004

関連記事

サエルのトライアルセットで日焼けしちゃった肌もしっかり美白!

先週の土曜日に、会社のメンバーで 今シーズンラストのスノボに行きました! ただ、東京は22℃

記事を読む

美白成分が含まれる効果のある美白化粧品ランキング

美白化粧品は数多くありますよね。そんな中、正式な美白成分が入っていなくても“美白化粧品”とうたってい

記事を読む

敏感肌でも怖くない!新発売のサエルで美白チャレンジ!

私の肌の一番の悩みは「敏感肌」ということ。。。 敏感肌だと洗顔や化粧水が染みることも多々ありな

記事を読む

高橋ミカプロデュースの“ニューピュアフコイダン”の口コミ

芸能人がブログとかで紹介している化粧品ってちょっと気になりますよね。 「こんなキレイな肌になれ

記事を読む

2014年、春夏の洗顔フォームはコレ!つかってみんしゃいよか石けんで美白美人に!

うちの母は、年齢でいうともう50代後半ですが、 年齢を感じさせないくらい見た目が若い!

記事を読む

和漢エキスの素顔に優しい洗顔石けん★ペネロピムーンで美白に!

最近、洗顔はもっぱら 「石鹸を使用しよう」と心がけている私 石鹸なら防腐剤などが含まれている

記事を読む

フラコラのプラセンタ美容液対策で紫外線こわくない!

私の肌ケア方法。 少し前までは何の疑いもせずに、 ①洗顔 ②化粧水 ③乳液

記事を読む

カネボウ商品の白斑の被害!美白成分に要注意!

白斑とは? 昨年の夏頃に話題となった“白斑”という症状が出てしまっておりカネボウの商品が回収となり

記事を読む

美白化粧品「HAKU」の新タイプ美容ケアHAKUマスク

8年連続No.1の資生堂の商品「HAKU」。 美白化粧品の中では知名度も高く、アンダーメラニン

記事を読む

シミに効果的!プラセンタを使用した美容液

“美白成分”と一言で言っても様々な成分があります。 その中でも厚生労働省が美白の効果を認めた成分の

記事を読む

12月のネイル「Argyle check nail」

2014年最後の月のネイルは…アーガイルチェックにしてみました!

脱毛部位人気No.1はなんと「うなじ」!脱毛でキレイなうなじを手に入れよう!

一昔前から大幅に変わったのが「ムダ毛の脱毛」。 少し前ではニードル脱

セラミドが含まれる保湿化粧品人気No.1「アヤナス」|冬でも乾燥知らずに!

>>当サイトでおススメの保湿化粧品はコチラ! 空気が乾燥し始

11月のネイル 「dot nail」

11月になり、ネイルを変えました! 秋といえば、ネイビーやボール

10月のネイル 「bijou nail」

10月に入り徐々に秋の気候になっています。 暑さに苦しんでいた季節が

→もっと見る

PAGE TOP ↑