*

美肌になるための“化粧水の正しいつけ方”って?

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 スキンケア

みなさん、化粧水ってどうやってつけていますか?

きっと人それぞれだと思います!

美肌になるためにも、化粧水のつけ方って重要なんです!
肌がきれいになるための化粧水のつけかた、伝授しますヾ(*・ω・)ノ

 

<化粧水のつけ方>

【1】適量(化粧水によって違いますが主に500円玉大)を手のひらにとります。

【2】手のひらの全体でつつむようにしながら、
ほお、ひたい、あご、鼻、目の周りという具合に、顔全体になじませていきます。

※目の周りなどは乾燥しやすいので、手のひらや指の先を使って、優しくおさえるようになじませていきます。
※冬などの乾燥時は、かさねづけをして水分しっかりと補給しましょう!

【3】仕上げに、手のひら全体で顔全体をつつみ込むように軽くおさえます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

133

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<肌トラブルにつながる化粧水のつけ方>

★量の少なすぎはNG!
化粧水は、“肌の足りない水分を補う役割”です。
肌の状態に合わせた量を使わないと、水分不足になってしまいます!
(かといって多すぎてもNG。)

★冷たい手でつけるのはNG!
冷たい手で化粧水をつけると、肌に浸透しにくくなってしまいます。
手が冷たい場合は、手をお湯につけるなどしましょう!
なるべく手をあたためて、やわらかくなった状態にしてから化粧水をつけましょう!

★手でパチパチとたたくのはNG!
手で肌をたたいてしまうと、その刺激が「赤み」や「シミ」の原因になってしまうことも…。
たたくと浸透するイメージがありますが、別にそういうことではありません!
化粧水はやさしく、丁寧になじませていきましょう。

◆コットンを使うときに、強くこするのはNG!
コットンの摩擦が肌への刺激となってしまい、
それが「赤み」や「シミ」の原因となって、肌をいためてしまいます!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<手とコットン、化粧水をつけるのはどちらがいいの?>

化粧水の種類(“さっぱり”か“しっとり”か 等)や、化粧水の会社やメーカーによっても違いがありますが、
保湿化粧水なら手のほうがおすすめなんです!

なぜなら!
コットンを使うと、肌の上をすべらせるたびに、肌を傷つけてしまっているのです!
無意識に力をこめてしまっていたり…

コットンの種類にもよりますが、いかに上質なコットンでも、
・使用する化粧水の量が少ない
・強くこすってしまう
などをしてしまうと、コットンの繊維の刺激により、肌の角質層に傷がついてしまいます。

角質層に傷がついてしまうと…

潤いが蒸発

外的刺激を受けやすくなる

乾燥を加速させてしまう

肌の老化(エイジング)を招いてしまう

という流れで、肌にとってとても悪い結果を生み出してしまいます。

日常生活でのコットン使用はなるべく控えた方がよいでしょう(`・ω・´)

 

<コットン使いをする場合は…>

コットンがヒタヒタにしみるくらいの量を使いましょう!
コットンをすべらせる向きは、内から外へ!力を入れず、やさしくすべらせるようになじませることが大切です!

 

:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*
押してもらえたら嬉しいな~♪
人気ブログランキングへ
banner (1)

関連記事

no image

洗顔後、肌がつっぱる前に急いで化粧水!!誰もが経験ありませんか?

肌の上にある酸化して汚れた皮脂や毛穴の汚れを落とすものが洗顔料です。   です

記事を読む

no image

スッピン美人になるためにはどのようなスキンケア選びをしたらいいのか?

<素肌の働き> ☆化粧水をつくる ☆シミを素肌自身が追い出す ☆皮脂と汗で皮脂膜を

記事を読む

no image

初夏の季節の肌トラブルとは?

初夏(5~6月)は、紫外線量がもっとも多くなる時期です。 紫外線を浴びることで、シミだけでなく、

記事を読む

no image

溶けるクレンジング?!クレンジングバームD.U.O.(ドゥオ)

今まで、オイル、クリーム、ジェル、ローション など、様々なタイプのクレンジングを紹介してきました。

記事を読む

no image

クレンジングのチェックポイント

クレンジングは、 メイクや汚れをきちんと落としきるためのもの。 しかし、急いでいて汚れを

記事を読む

no image

クレンジングの種類(ミルクタイプ)

次は、クレンジングの中でも、乾燥肌の方がよく使っている 【ミルクタイプ】のもをご紹介いたします!

記事を読む

no image

実は朝クレンジングってした方がいい?!

前回のブログに、 「朝洗顔をした方がいい」というようにご紹介しました。 日本人は、“混合

記事を読む

no image

<夏>の肌について

日本の夏はひとことで言うと 「高温多湿」。 夏に一番気をつけたいのは何と言っても

記事を読む

no image

洗顔料の種類(石鹸タイプ)

まずは、 【石鹸タイプ】のもをご紹介いたします!   <特徴> 洗顔石鹸と

記事を読む

no image

アラサー女子の肌事情

こんにちは! まずは自己紹介。 ■名前:K (見た目はムーミンに似てます) ■年齢:28

記事を読む

12月のネイル「Argyle check nail」

2014年最後の月のネイルは…アーガイルチェックにしてみました!

脱毛部位人気No.1はなんと「うなじ」!脱毛でキレイなうなじを手に入れよう!

一昔前から大幅に変わったのが「ムダ毛の脱毛」。 少し前ではニードル脱

セラミドが含まれる保湿化粧品人気No.1「アヤナス」|冬でも乾燥知らずに!

>>当サイトでおススメの保湿化粧品はコチラ! 空気が乾燥し始

11月のネイル 「dot nail」

11月になり、ネイルを変えました! 秋といえば、ネイビーやボール

10月のネイル 「bijou nail」

10月に入り徐々に秋の気候になっています。 暑さに苦しんでいた季節が

→もっと見る

PAGE TOP ↑